思春期はムダ毛が気になってました

札幌の人気脱毛サロンが決定 >  思春期の悩みは脱毛のように。

思春期の悩みは脱毛のように。

ムダ毛について一番悩んでいた時期は中学生の頃だった気がします。 高校生になるとお小遣いで除毛クリームや電気シェーバーも買えたし、何よりお友達とムダ毛についてオープンに話すことができました。「このことについては、みんなが気にしていること」という認識があれば、例えムダ毛でない悩みでも精神的な負担がありません。

でも中学生の頃は「こんなに毛深いの自分だけ」という思い込みがあり、他人に相談できず、
こっそりと親のシェーバーを使ってみたものの除毛のポイントがよくわからず、どこまで剃っても終わりがないような絶望的な気分を味わっていました。

ムダ毛一つで世界が終わる思春期って本当に鬱陶しいものです。
今の中学生だったらネットで「脱毛」と検索すれば何かしら情報を得られるし、ヤフー知恵袋とかで「効果的な脱毛について教えてください」なんて軽く相談することも可能です。

どんな悩みもオープンであることは大事です。人に話してみることで解決することがたくさんあります。
仮に、話して解決できなかったとしても話すことで気持ちが楽になるということはあるでしょう。そして自分の悩みが大したことないと気付くことで、一歩成長できるというものです。

ただし、除毛と同じで手っ取り早く表面だけ無くなれば解決したと思うのは間違いです。見えない部分に問題の根があるのだと深く考えることも、また思春期には大事なことだと思います。
脱毛が、時間をかけ何度も繰り返し少しづつ進めていくように、思春期の悩みは徐々に解決されるべきです。

それでも、もしかするとすべての脱毛が完全とは言い切れないように、
再びその悩みが芽吹くときがくるかもしれません。
しかしその頃にはそんなことはそれほど大きな問題ではないと気付くことでしょう。 そうです。脱毛より発毛の方がずっと大きな問題なんですよ!!(40代後半女性より)。